かすがい皮膚科

  • TOP
  • はじめての方へ
  • ドクター紹介
  • 診療メニュー
  • 料金
  • 予約方法・アクセス
  • 採用情報
WEB予約
  • WEB予約
TOPスタッフブログ > ゼオスキンの日焼け止めについて

スタッフブログ

Staffblog
2021.02.12

ゼオスキンの日焼け止めについて

今回は当院スタッフや患者さんにも愛用者の多いゼオスキンシリーズから、”日焼け止め”についてご紹介します!

 

ゼオスキンヘルスのサンスクリーンは、従来の日焼け止め効果である、UVAおよびUVBの紫外線をブロックするだけでなく、ブルーライト(HEV)、さらに近赤外線(IR-A)からもお肌を守ります。

ゼオスキンの新しいサンスクリーンは、太陽光による光老化からお肌を保護してくれます。

 

紫外線は、波長の長さにより分けられています。

紫外線の約9割がUVA波であり、波長が長く浸透力が高いため、雲や窓ガラスを通して肌に到達します。UVA波を浴びると、肌はゆっくり黒くなり、シワやたるみを引き起こすだけでなく、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞を傷つけてしまいます。

また、屋外の主な日焼けの原因がUVB波です。たくさん浴びてしまうと赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因となったり、海やレジャー地などで「レジャー日焼け」の原因となります。

ゼオスキンのフィジカルタイプの日焼け止めには紫外線防止効果の高い酸化チタンが含まれているため、肌を老化させる有害なUVA波や肌を焼くUVB波の広範囲の太陽光より守ることができます。また、全てオキシベンゾン(吸収剤)フリーです。

太陽光にさらされても分解しないため、太陽光の有害な影響に対してより長い時間、お肌を守ることのできるプロテクション効果も確認されています。

 

HEVライトは、可視光線の中でも最もエネルギーが高く、UVAおよびUVB波よりも深く皮膚の層に浸透し、間接的にDNA損傷およびシワの形成を促進することが分かっています。

通常のサンスクリーン剤はUVAおよびUVB波の光を吸収または反射させて皮膚を保護しますが、可視光線からは保護されないため、ブルーライトのケアも必要となってきます。

天然メラニンは皮膚上で日傘のように機能し、有害なHEVライトを吸収しながらも外の内光が肌に届くことを可能にしました。

ゼオスキンの日焼け止めは、この天然メラニンにより、有害なHEVライトの影響から高い確率で肌を守ることができます。

 

◎サンスクリーンプラスプライマーSPF30 PA+++(7,200円+税)

・日焼け止めと化粧下地がひとつで2役のサンスクリーンです。

滑らかな肌色クリームはメイクアップ時のお化粧下地としてもご使用いただけます。

また、ファンデーションのかわりにこれ1本でご使用いただけます。

【ご使用方法】

朝、太陽光を浴びる15分前に塗ってください。

1度に2プッシュ程度、適量を手に取り、顔全体に塗って下さい。

 

◎BSサンスクリーンSPF50 PA++++(10,600円+税)

・敏感肌の方にもご使用いただける、刺激性の低い、天然ミネラル配合のサンスクリーンです。

【ご使用方法】

朝、太陽光を浴びる15分前に塗って下さい。

クリームを手に取り、顔全体や体に塗って下さい。

 

広範囲の太陽光からお肌をプロテクトできていますか?

夏だけではなく、紫外線は1年中降り注いでいます。

日焼け止めでしっかり対策して、お肌を光老化から守りましょう^^

 

ゼオスキンシリーズを購入希望の際は、医師の診察が必要です。

美容診察にてご相談下さい。平日の午前中にお越しいただくとスムーズにご案内できます。

ご予約はこちら
診療時間 日祝
9:30~12:30 - -
14:30~18:00 - - -

【休診日】水曜日・土曜午後・日祝日

<受付時間>
[web予約される方] 8:30~11:30 /  14:00~17:00
[直接ご来院の方] 9:15~12:30  / 14:15~17:00
診療のご案内について

直接来院での受付時間は午前は9時15分~12時30分、午後は14時15分~17時です。
土曜日と平日の16時以降は混雑致しますのでご了承ください。
また平日16時以降は医師1名での診察となります。

お問い合わせはこちら
0565-32-1112